プレマリン服用時に確認しなければならないこと

プレマリン服用時の注意点

プレマリンの主成分は卵胞ホルモンを配合する結合型エストロゲンです。卵胞ホルモンは更年期障害をはじめとした女性ホルモンが急激に低下する症状を緩やかにする効果を持っています。

 

プレマリンの効果は高いですが、当然副作用にも気をつけなければなりません。正しい方法で飲んだとしても副作用はありますが、用法を無視した時には副作用リスクはより一層上がります。注意点のチェックは万全にしておきましょう。

 

プレマリンの作用機序

女性ホルモンは女性にとって様々な重要な動きをします。更年期障害はその重要な女性ホルモンが少なくなりすぎたことによる、動悸や頭痛やイライラ等の症状のことです。

 

卵巣の機能が低下していることによる不妊の治療にも女性ホルモンは必要です。その他にも女性ホルモンに関連する女性特有の病気がたくさん存在します。

 

これを防ぐために使われるのがプレマリンです。プレマリンは結合型エストロゲンを主成分としており、女性ホルモンを体の外から補うことでこれらの病気の症状を軽減します。

 

プレマリン服用における注意点


どうしてプレマリンが更年期障害の治療をはじめ様々な効果があるのか、ざっとではありますがわかったと思います。

 

とはいえ、プレマリンはどんな人でも注意点をチェックせずに飲んでしまっていいような薬ではありません。こんな人は飲んではいけない、飲む際に意しなければならない、といった注意点をしっかり守って飲まなければなりません。

 

ここからは、そういった服用前にチェックしておくための注意点を説明しましょう。

 

服用禁止のケース

 

エストロゲン依存性腫瘍の患者

エストロゲン依存性〇〇とは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのうち、エストロゲンだけが多く分泌されると進行を早めてしまう病気です。

 

プレマリンは結合型エストロゲンが主な成分であるため、このタイプの病気の患者さんの服用は禁止されています。

 

その他のエストロゲン依存の病気として乳がんや子宮内膜がんがあります。

 

診断の確定していない異常性器出血のある患者
未治療の子宮内膜増殖症のある患者

 

この2パターンに当てはまる患者さんは子宮内膜がんの可能性があります。上記と同じ理由で飲まないいいでしょう。

 

血栓性静脈炎・肺塞栓症・動脈性血栓塞栓の患者

 

エストロゲンには血が固まりやすくなるという副作用があります。その為、上記の病気を持っている患者さんは症状が悪化したり、血栓ができてしまうリスクが上がってしまいます。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある女性


プレマリンに限らず、妊娠中に女性ホルモン剤を飲むと奇形児のリスクを上げてしまうため服用は絶対禁忌とされています。

 

重篤な肝障害のある患者

 

プレマリンの成分のほとんどは肝臓で代謝(薬を分解して体外に出せる状態にすること)します。そのため、肝臓に大きなダメージがあると薬の成分はなかなか体の外に出ていかずに副作用のリスクは高まることになります。

 

また、肝臓に負担をかけることになるために、肝障害の症状が進行してしまうケースもありまるので服用は避けましょう。

 

 

服用注意のケース

 

肝障害のある患者

大きな障害がなかったとしても、肝臓が弱っていると代謝機能は弱まります。副作用のリスクは高くなりますので服用時は少ない用量から始めましょう。

 

子宮内膜症・子宮筋腫のある患者
乳癌家族素因が強い、乳房結節、乳腺症の患者

これらはエストロゲン依存症状ですので、プレマリンを飲むと症状が進行してしまう可能性があります。

 

心疾患・腎疾患のある患者

エストロゲンを過剰に摂取すると体液貯留、つまり体液がうまく循環せずに滞ってしまうことがあります。

 

こうなると、体中に血液を送り出す役目を持った心臓、そして尿を作って体外に水分を排出する役目を持った腎臓の負担が増してしまいます。

 

健康であればいいのですが、心疾患・腎疾患があると症状は悪化してしまうこともあるでしょう。

 

てんかんの患者

てんかんには様々な原因があると考えられていますが、その中の一つに女性ホルモンの増加や体液貯留があると言われています。

 

この2つを招くプレマリンを飲むとてんかんリスクをあげてしまうことになりますので注意しましょう。

 

糖尿病患者

プレマリンは副作用の一つとしてインスリン分泌能力が弱まるという物があります。

 

極めて大きい物というわけではありませんが、既に糖尿病を発症している患者さんであれば気をつけた方がいいでしょう。

 

手術前4週以内又は長期臥床状態の患者

 

血が固まりやすくなるので血栓が起こる可能性が高くなります。

 

思春期前の少女


卵胞ホルモン剤の投与により、骨の成長を阻害してしまう可能性がありますので、十分に医師と相談した上で服用するようにした方がいいでしょう。

 

全身性エリテマトーデスの患者

機序は不明ですが、症状が悪化してしまう報告がされていますので、服用は慎重に行いましょう。

 

片頭痛の患者

同じく機序は不明ですが、症状の悪化が報告されていますので、服用は慎重に行いましょう。

 

プレマリンの服用方法の注意点

プレマリンはこんな飲み方はしてはいけないという服用方法があります。

 

長期連用は避ける

日本で研究結果が出たわけではありませんが、海外では長期間の服用は乳がんや子宮内膜がんのリスクが高まるという報告があります。必要がないのに漫然と服用し続けるのはやめましょう。

 

大量服用は避ける

プレマリンだけの話ではありませんが、用量以上の大量服用は副作用が大きくなる恐れがありますので、絶対にやめましょう。

 

車・機械の運転は避ける

副作用の一つにめまいがあります。車や機械を運転する直前の服用は避けた方が無難でしょう。

 

プレマリンの副作用や相互作用についての注意点

こういった人はプレマリンを飲む前に注意点の確認、こういった飲み方はやめた方がいい、などについてここまでに触れてきました。

 

しかし、注意点にしたがったところで副作用の危険性はあります。ですから、あらかじめどんな副作用があるのかを確認しておくべきです。

 

さらに注意点ですが、プレマリンだけで飲んでいた時には何もないものの、他の薬との併用で発生する問題もあります。

 

この2点を掘り下げていきましょう。

 

プレマリンの副作用

プレマリンは様々な副作用を持っています。

 

その中でも代表的なのは、

 

乳房の張りや痛み、出血、吐き気や嘔吐、めまい

 

などがあります。

 

プレマリンの相互作用

相互作用という物はつまり、それぞれの薬品の効果を変えてしまいます。

 

薬の処方量は医者が薬の効果から慎重に決定しています。

 

相互作用によってこの薬の効果が変わってしまえば全ての計算が狂ってしまいます。

 

一番危ないのはプレマリンと似たような効果を持った薬との併用です。薬の名前が違っても同じような効果の薬であれば、プレマリンを大量に飲んだのとあまり変わらないことになってしまうでしょう。

 

プレマリンはこんな薬


プレマリンの注意点を一言でいうと女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンを補うことができる処方薬です。注意点として結合型エストロゲンが主な成分になっているため、更年期障害の治療に用いられることも多く、閉経前後にプレマリンを少量を使用することで、更年期障害に起こりやすい体のほてりやだるさといった様々な不快な症状を軽減または改善できるといわれています。注意点として、長期間飲み続けるとを続けること骨粗しょう症の予防効果やバストアップ効果も期待できるといわれており、バストアップを目的に海外から輸入する方も多くいます。

 

エストロゲンを補う効果があるといわれているため、バストアップや女性らしい体型が飲むことで手に入れやすくなるといわれています。注意点は日本では処方薬となっているため医師の処方で調剤薬局などで購入が可能ですが、最近では個人輸入で手にいれる方も増えてきています。

 

口コミでも肌や胸にハリがでてきたという声が多く聞かれますが、注意点は処方薬の分類になるため出来るだけ医師の管理下で飲むするようにしましょう。あまり飲みすぎると本来自分の体で作り出すエストロゲンが作る必要を感じなくなり、エストロゲンを作り出さなくなる可能性があるため注意することが必要です。

 
http://www.club-fantasy.com/ http://www.libertyontrial.com/ http://www.codepromofemme.com/ http://derrickrosesshoes.net/